木管五重奏曲 「越中獅子舞里神楽―道中笛縒り合い幻想」 江尻栄 作曲

[http://:title]

 神楽の前後に奏される「道中笛」はほのぼのとした曲調で、昔は村の先導者の自宅から神社までの道すがら太鼓と笛でこの曲を奏で、幟旗を立てた野辺送りのような隊列で歩いたものでした。

 なお、「縒(よ)り合い」とは、紙縒(こよ)りを縒るように、古くからある日本の絡み合う節回しです。

youtu.be